天空の白鷺へ入館

天空の白鷺へ入館

エレベーターに乗って8階へはわずか数十秒。

ドアが開くとすぐに姫路市内が見渡せ、なかなか良い眺めです。

下の写真には館内の手すりが映りこんでしまい、怪しくなってしまいましたっっ・・・

天空の白鷺からの眺望

館内には展示物もたくさんあり、間近で見ることが出来るようになっています。

天守に使われている瓦や鯱などが飾られています。

遠くから見ると気にしたことはありませんでしたが、目の前で見ると、どれもかなり大きい。

そして、とても綺麗です。

細かな細工がなされているのがハッキリ見えます。

 

こちらは昭和の鯱瓦。

高さは6尺1寸5分(約186センチ)

総重量は何と約278キロ!

胴体で約202キロ、大きな尾鰭は約42キロ、鰭(上)約7キロが2枚、鰭(下)10キロが2枚。

大きいです!目の前に立つと自分の身長より高く、大きいことに驚きます。

こんなに大きくて重い鯱があちらこちらにあるんですね。

姫路城鯱

姫路城内にある鯱は全部で68尾あります。

そのうち大天守の鯱の数は11尾。

鯱ですから一対になっていると思い込んでいました。

でも、11尾って・・・奇数になっています。

一層の屋根の西側にだけ、対にならないヤモメ鯱があるためです。

これは、石垣の技術が未熟で天守の基礎と合わなかったため、一層を石垣に合わせました。

二層からは本来の計画通りにしたため、一層の屋根の西側だけが長く伸びてしまったため。

天守の一層の一番西側、大修理が終わったら、探してみたいですね。

天守は左右対称ではないということです。

Copyright(c) 2013 レンタサイクルで巡る姫路1日てんこもり観光! All Rights Reserved.