辻井廃寺出土の磁石

辻井廃寺出土の磁石(つじいはいでらしゅつどのじせき)

辻井廃寺出土の磁石

〒670-0051 兵庫県姫路市名古山町14-1(名子山霊園)

TEL : 079-297-5030

開園時間 : 8時40分~16時30分

名子山霊園HP : http://www.nagoyama.jp/

辻井廃寺の位置

辻井廃寺出土の磁石と案内板は名子山霊園内にあります。

JR姫路駅より北西に約2キロ。自転車であれば、15分ほど。

名古山霊園の入り口までは平らな道なので、自転車でも大丈夫ですが、中に入る道はかなり急斜面ですっっ

園内も起伏のとんだ作りで、坂道も多くなっていますが、歩いて散策するにはちょうどいいかもしれません。

名子山霊園の敷地は広く、その園内にはたくさんの史跡が点在しています。

美しい庭園や仏舎利塔も見ごたえがありますが、こうした史跡も魅力のある園といえます。

私の場合は、お盆やお彼岸には必ず名子山霊園を訪れますが、四季折々の花が咲き乱れ、広い園内を歩くのはとても素敵です♪

 

下記内容は辻井廃寺出土の磁石の案内板より。

辻井廃寺出土の磁石案内板

この三個の石は名古山の西北方200メートルの所姫路市辻井の辻井廃寺跡より出土したものをここに運んで来たものです。

辻井の南には田の中に塔の中心柱の磁石(塔心礎)があって古くから白鳳時代(七世紀後半頃)の寺院跡だといわれています。

昭和五十七年に安室バイパスが計画され発掘調査の結果僧坊跡とみられる遺構や井戸等がみつかった。

昭和五十八年には、主要伽藍の確認調査が行われ、奈良三彩の陶片や古瓦などの出土品と、磁石を抜きとった建物遺構が発見された。

この三個の磁石はすぐすばに深い穴を掘り落しこんだ状態でみつかった。

塔心礎は現在ももとのまま田の中に残っています。

姫路市教育委員会 昭和五十九年九月

 

 

Copyright(c) 2013 レンタサイクルで巡る姫路1日てんこもり観光! All Rights Reserved.