姫路城入り口

姫路城への入り口へ

姫路城入り口 

姫路城の入場は500円(大人)

同時にお隣にある好古園にも入れるセット入城券も販売されています。

どちらにも観光しようと思っているのであれば、セットで購入される方がお得です♪

 

天空の白鷺は2014年1月15日をもって閉館しましたが、当時の様子を掲載します。

入り口の前にどーんと見えるのが、「天空の白鷺」天守閣修理見物施設への待ち時間です。

私が訪れたこの日は平日の昼間でしたので、待ち時間は15分となっています。

休日に姫路観光を計画している方であれば、天空の白鷺へは予約しておいた方がいいかもしれません。

天空の白鷺待ち時間

この看板にあるように、天空の白鷺の待ち時間はエレベーターの待ち時間です。

館内にはエレベーターが2基。

1基に10名しか乗れません。そのための待ち時間となっています。

姫路城への入場券を購入し、いざ姫路城内へ!

ここからはレンタサイクルは入れません。徒歩での見学となります。

姫路城は敵からの攻撃を迎え打つため、様々な仕掛けがなされています。

迷路のような道、ほそーい道、上り下りが激しく、曲がり道もとても多い。

お城はそもそも敵からの攻撃を守るための防衛施設なので、戦乱の世では軍事基地。

美しい見た目なので、その意味を忘れてしまいそうになりますが、実際に姫路城に入ってみると天守にはなかなかたどり着けないよう様々な仕組みがなされています。

急な勾配や迷路のような道など簡単には先に進めません。

そのため、姫路城内の車椅子での見学が単独では出来ないとされています。

もちろん2人以上の介助の方がご一緒であれば見学も可能である場合もあります。

詳細はHPでご確認ください。

なお、天空の白鷺への見学は可能です。

入城券を購入し、入り口を抜けると姫路城内の案内図が見えます。

城内はとても広いので、観光する場合はどの辺りを見ようかとコース決めをされた方がいいかもしれません。

姫路城案内図

そして、目の前にはいきなり坂道。姫路城の入り口が見えてきました!

姫路城菱の門 

こちらが菱の門です。

この菱の門が西の丸への入り口となっています。

(西の丸は城内で独立された一画。隠居所などがある場所となっています)

菱の門は姫路城の21もある門の中で一番大きい門です

黒く塗られた格子窓と白壁の対比がとても美しく優雅な印象を受けます。

菱の門をくぐり、いよいよ姫路城へ入城です♪

Copyright(c) 2013 レンタサイクルで巡る姫路1日てんこもり観光! All Rights Reserved.