天空の白鷺へ入館

天空の白鷺へ入館

エレベーターに乗って8階へはわずか数十秒。

ドアが開くとすぐに姫路市内が見渡せ、なかなか良い眺めです。

下の写真には館内の手すりが映りこんでしまい、怪しくなってしまいましたっっ・・・

天空の白鷺からの眺望

館内には展示物もたくさんあり、間近で見ることが出来るようになっています。

天守に使われている瓦や鯱などが飾られています。

遠くから見ると気にしたことはありませんでしたが、目の前で見ると、どれもかなり大きい。

そして、とても綺麗です。

細かな細工がなされているのがハッキリ見えます。

 

こちらは昭和の鯱瓦。

高さは6尺1寸5分(約186センチ)

総重量は何と約278キロ!

胴体で約202キロ、大きな尾鰭は約42キロ、鰭(上)約7キロが2枚、鰭(下)10キロが2枚。

大きいです!目の前に立つと自分の身長より高く、大きいことに驚きます。

こんなに大きくて重い鯱があちらこちらにあるんですね。

姫路城鯱

姫路城内にある鯱は全部で68尾あります。

そのうち大天守の鯱の数は11尾。

鯱ですから一対になっていると思い込んでいました。

でも、11尾って・・・奇数になっています。

一層の屋根の西側にだけ、対にならないヤモメ鯱があるためです。

これは、石垣の技術が未熟で天守の基礎と合わなかったため、一層を石垣に合わせました。

二層からは本来の計画通りにしたため、一層の屋根の西側だけが長く伸びてしまったため。

天守の一層の一番西側、大修理が終わったら、探してみたいですね。

天守は左右対称ではないということです。

天空の白鷺とは

天空の白鷺って何?

「天空の白鷺」とは姫路城大天守修理見学施設のことです。

白鷺と呼ばれる諸説は色々とあります。

そのひとつ、白鷺が羽を広げた時のように見えることから白鷺城(しらさぎじょう)と呼ばれており、地元でも白鷺城(はくろじょう)と呼ばれ親しまれています。

残念ながら、姫路城大天守修理見学施設「天空の白鷺」は平成26年1月15日閉館しています。

天空の白鷺パンフレット

昭和の修理から45年が経過し、風雨にさらされ、傷んできたお城の修理が2009年から2014年にかけ、大天守の保存修理工事が行われています。

天空の白鷺は文化財の保護や保存修理に対する理解を深めることを目的とした見学施設。

大天守の大屋根が間近に見ることが出来る期間限定のラッキーな施設です♪

見学にかかる時間は大よそ30分程度。

季節や曜日によって見学に混雑の恐れがあります。

今回、私が入館した時は15分待ち。

平日でしたので、この程度の待ち時間でした。

しかし、土日は観光客の方も多く、待ち時間も長くなる傾向のようです。

待ち時間が出てしまうのは、8階の見学施設まで昇るエレベーター待ちです。

天空の白鷺には10名定員のエレベーターが2基。

このため、休日は混雑してしまいます。

HPから個人・団体を問わず予約をとることが可能ですので、休日に予定されている場合は念のため予約して行くことをおすすめします。

「予約の方優先です!」と係りの方の大きな声がずっと聞こえていました。

行列の横を並ぶことなくエレベーターに乗って行かれる方が羨ましかったですね。

でも、待っている間にモニターで姫路城の歴史や工事の模様なども流れており、15分程度なら退屈せず待つことが出来ました。

http://www.himejijo-syuri.jp/reservation/beginner.html

天空の白鷺入館券

入館料: 大人 200円  小人(5歳~中学生) 100円

団体割引はありません。なお、姫路城への入城料が別途必要となります(大人400円、小人100円)

見学期間: 2011年3月26日~2014年春頃

休館日: 12月29日、30日(予定)

所在地: 姫路市本町68番地

TEL: 079-280-3172(姫路城大天守修理見学施設)
受付時間:平日の午前9時~午後5時まで

HP: http://himejijo-syuri.jp/

Newer Entries »
Copyright(c) 2013 レンタサイクルで巡る姫路1日てんこもり観光! All Rights Reserved.