お菊神社

お菊神社(おきくじんじゃ)

お菊神社

〒670-0911  兵庫県姫路市十二所前町120

TEL : 079-222-4586

JR姫路駅より徒歩で約10分程度の場所にあります。自転車なら5分もかかりません。

十二所神社の摂末社として、祀られいているのがお菊神社です。

播州更屋敷で有名なお菊さんのお菊神社。

水と更にご縁があるということで、水商売と陶器の守護神と言われています。

 

縁結びの神様としても有名だと知り、自転車で行ってみました♪

姫路駅から自転車で5分とかからない距離です。

大きな道路を西へ向かうと出てくるのがお菊神社の鳥居。

ちょうど工事中のようで、鳥居の下にはトラックがドーンと止まっていました。

鳥居をくぐることが出来ず、ちょっと残念でした。

参拝者は私以外には2名ほど。訪れたのが平日だったので、仕方ないのかな・・・

 

お菊神社の由来

お菊さんのお菊井戸は姫路城にあります。  ⇒ 姫路城(お菊井戸)

 

お菊神社 由緒

お菊神社由緒

案内板の内容は以下の通りです。

「播州皿屋敷「御菊物語」の菊女は、姫路二代目城主小寺則職(こでらのりもと)の奥女中として仕え、主君則職、若くして病床に伏し、菊女病気平癒祈願のため、当十二所神社に参籠し、心願叶い則職全復す。

病気全快に事よせて、悪家老青山鉄山は町ノ坪弾四郎等一味と語り、天正二年(一五〇五年)増位山に観桜の宴を催し、則職に鳩毒を盛った酒を勧め、主家を横領せんとしたが、菊女の内通により忠臣の知るところとなり、危うく難をのがれた則職は、家島にこもり再起を計る。

主家を横領した鉄山は、小寺家の家宝「赤絵の皿」十枚に珍味を盛り祝杯を上げた。皿の管理を命ぜられた菊女は弾四郎の奸計により皿一枚をかくされ、皿改めの場に引き出され、日夜激しい折檻を受け、古井戸に吊るされ、二十一才の妙令を一期に無残な最期を遂げました。
菊女の霊は、主君則職を家島より導き、青山鉄山と町ノ坪弾四郎ら悪の一味を滅亡させ、本懐を遂げました。

小寺則職は、菊女の忠節に感じ、神徳厚き十二所神社の境内に祠を建て、霊をまつりて、ねんごろに慰めたと云う。」

 

播磨国総社

播磨国総社(はりまのくにそうしゃ)

JR姫路駅から約1.1km。徒歩で約13分。

自転車であれば5分程度。

〒670-0015 姫路市総社本町190
TEL: 079-224-1111
HP: http://sohsha.jp/index.php

まず見えてくるのが、総社御門です。

この門はかつて、姫路城の中曲輪の南部に設けられた城郭門のひとつでした。

総社西門に至るところから「総社門」と名づけられました。

鮮やかな朱色が目を引く美しい門です。

播磨国総社

総社御門は幅26㍍、高さ16㍍の国内最大級の楼門。

御門前にかかる御神橋にはいるのは「ミミズク」の像です。

総社の神使とされています。

橋の四方にとまっているのが、目を引きます。

播磨国総社みみずく

御門をくぐり真っ直ぐ歩き、八重垣門を抜けると本殿へと通じます。

播磨国総社本殿

地元では、「総社さん」と親しみを込め呼ばれていますが、正式名称は「射楯兵主神社(いたてひょうずじんじゃ)」といいます。

射 楯大神(いたてのおおかみ)と兵主大神(ひょうずのおおかみ)を御祭神として祀られています。

播磨国内の大小明神百七十四座の神々を合わせ祀り、「播磨国総社」として広く知られるようになりました。

境内には撫でみみずくがちょこんととまっています。

「知性の象徴吉兆を授けるみみずくは、古来より射楯兵主神社の神使として多くの人々から尊まれ、崇められてきました。

このみみずく像を撫でられ、大神さまの大いなる御神徳を余すところなくお受け取り下さい。」(撫でみみずく横の案内板より)

撫でみみづく

姫路城主の崇敬をうけてきた大社です、黒田官兵衛のゆかりの地としても知られています。

こちらは、常勝武将「負けなし」の黒田官兵衛の黒田家旗のデザインをあしらった「勝守」

官兵衛のお守り

この総社の南隣にあるのが「総社公園」。

大永元年(1521)赤松義村によって行われた7月朔月より10日間の修羅踊りで負傷者が多数出た際、この池水で傷を洗えば血が止まる、また、赤松一族の軍勢が戦いの後、刀やヤリに付いた血のりを洗ったなどと、云われる赤松氏ゆかりの史蹟。

昭和51年(1976)埋立・整備され、平成14年11月には全面改修工事が終了し、「総社公園」が誕生。

「血の池」碑はそのまま残されています。

血の池址

イーグレひめじ お菓子のお城

イーグレひめじ

イーグレひめじ

JR姫路駅よりお城側へ約900m。徒歩で約12分。

もちろん駐輪場もあります!自転車なら5分もかからない距離。レンタサイクルですぐです♪

イーグレとは白鷺を意味する英語Egret (イーグレット)から名づけられています。

〒670-0012 姫路市本町68番290

TEL: 079-289-3443

休館日、営業時間などの詳細はHPでご確認ください。

HP: http://www1.winknet.ne.jp/~egret-himeji/

大手前公園のまん前に立つビルがイーグレひめじです。

ビル内には飲食店のほか、姫路市国際交流センターや姫路市男女共同参画推進センター、市民ギャラリー、展望レストランなどが入っています。

観光客にあまり関係のない場所といえるかもしれませんが、1Fのお菓子で出来た姫路城「白鷺の夢」は一見の価値があります。

姫路城へ行く途中にありますので、ぜひイーグレひめじに立ち寄り、「白鷺の夢」を見ていただきたいです。

兵庫県内の和洋菓子の職人が協力し合い、約1年をかけて製作されたものです。

お菓子の姫路城のサイズは実物の50分の1サイズ。

また、松の木の松葉は42000本にも及び、職人さんの繊細な技術でこの「白鷺の夢」が出来上がっています。

イーグレ姫路白鷺の夢

一番下の使用材料を見てみると、グラニュー糖、マジパン、寒梅粉等 約1,600kgとなっています。

とてもたくさんの材料が使用されている「白鷺の夢」がこちらです!

イーグレひめじお菓子の城

大名行列の中には歴史上の人物やタレントさんなど、どこかで見たような人はいませんか?とのコメントがありました。

たーくさんの中から見つけてみるのも楽しそうです。

約200体もの人形がありますので、一つ一つの顔を確認するだけでも大変です。

SMAPの5人とも見つけることができました♪

姫路出身のアイドル松浦亜弥さんらしきお人形もありました。

お菓子のお城

さらに イーグレひめじの見所はもう一つ!

5階屋上庭園から姫路城を望むことができます。

姫路城の全体を一望できるおススメのポイントです。

イーグレひめじビルの入り口にある屋上庭園の案内板がこちらです。

イーグレ姫路屋上

素晴らしい景色が望めそう♪と楽しみにしながら1階奥のエレベーターで屋上へ!

雨ではないけれど、曇り空なのでどうかな~?と不安になりながら外へ出てみました。

イーグレ姫路屋上眺望

あっ・・・ しまった! 大天守修理中だったぁ~残念。

1階の看板のような見事な眺望はお預け。

工事中の大きな絵が見えるだけです。

もちろん、天守閣以外は下の方に見えていましたが、やっぱり物足りなさを感じてしまいました。

修理が終わったらもう一度ここで絶景を見てみたいものです。

« Older Entries Newer Entries »
Copyright(c) 2013 レンタサイクルで巡る姫路1日てんこもり観光! All Rights Reserved.