黒田官兵衛 大河ドラマ館

ひめじの黒田官兵衛 大河ドラマ館

黒田官兵衛大河ドラマ館

JR姫路駅より約1.1m。徒歩で約13分。 自転車であれば5分程度の場所。

姫路城を目指して歩けば、すぐ横に見えるといった立地です。

 

〒670-0012 姫路市本町68番地 姫路城南・家老屋敷跡公園

会 期 : 平成26年1月12日(日)~27年1月10日(土) (休館日:12月29日・30日)

開館時間: 9時00分~17時00分(最終入場16時30分)

入館料 : 大人当日券500円、子供当日券200円、小学生未満は無料

黒田官兵衛大河ドラマ館HP : http://himeji-kanbee.jp/index.php

 

2014年NHK大河ドラマ「軍師 官兵衛」の放送に合わせ、2014年1月12日に「ひめじの黒田官兵衛 大河ドラマ館」がオープン。

大河ドラマ館は、広さ約500平方メートルのテント構造。

撮影で使用された衣装や小道具を展示するほか、官兵衛の生涯や戦国期の播磨の様子、ゆかりの地などを映像や関連の品々で紹介。

ひめじ大河ドラマ館

ひめじ大河ドラマ館2

この写真の撮影したときはまだ「ひめじの黒田官兵衛 大河ドラマ館」は工事の真っ最中でした。

ひめじ大河ドラマ館建設中

現在は大河ドラマ館もオープンし、たくさんの人で賑わっています。

 

開催期間 : 平成26年1月12日(日)~平成27年1月10日(土)

入館料  : 大人(高校生以上) 400円、子供(5歳~中学生) 100円、5歳未満は無料

「ひめじの黒田官兵衛 大河ドラマ館」と「官兵衛の歴史館」は共通のチケットがあります。

どちらも観覧予定の方は共通券を購入されるとお得です!

共通券: 大人(当日券) 700円、小人(当日券) 250円

「ひめじの黒田官兵衛 大河ドラマ館」の前売り券は少し割安になっており、全国のコンビニなどで発売されています。

黒田官兵衛ゆかりの地めぐり

黒田官兵衛ゆかりの地

黒田家の足跡を訪ねてると、姫路から豊前、そして筑前へと広がっています。

また、播磨一帯だけでもかなりのお城があったことも分かります。

現在、姫路では2014年NHK大河ドラマ「軍師 官兵衛」の放送に合わせて、黒田官兵衛ゆかりの地スタンプ台帳というものがこちらです。

官兵衛スタンプ帳

24箇所のスタンプが押せるようになっているスタンプ台帳です。

残念ながらレンタサイクル1日で回れるような距離ではありません。

お時間がある方は姫路駅周辺だけでなく、播磨に広く残る黒田官兵衛の足跡をたどってみてはいかがでしょう。

ゆかりのポイントは姫路市内2箇所、姫路市外2箇所、合計4箇所のスタンプを集めれば応募された方の中から抽選で130名様にゆかりの地の素敵な特産品が当たるそうです♪

応募締め切りは平成26年2月20日(木)
お問い合わせ: 兵庫県中播磨県民局銀の馬車道課 079-281-9059

もちろん、このスタンプ帳に掲載されている以外にもたくさんゆかりの地があります。

大分県中津市にある中津城や、黒田家墓所がある岡山県瀬戸内市の妙興寺、「黒田家譜」で黒田家発祥の地とされている旧黒田村の黒田廟所、関が原の戦い後に築いた福岡県福岡市にある福岡城跡など数多く残っています。

官兵衛スタンプ

1、廣峯神社

2、増位山随願寺

3、心光寺

4、播磨国総社

5、姫路城

6、荘厳寺

7、御着城址・黒田家廟所

8、志方城跡「観音寺」

9、青山古戦場跡

10、英賀城跡

11、 佐用城跡

12、上月城跡

13、牛堂山国分寺

14、三木城跡

15、書写山圓教寺

16、有岡城跡

17、竹中半兵衛の墓

18、国府山城址

19、黒田織隆廟所

20、長水城址

21、篠ノ丸城址

22、兵庫県立歴史博物館

23、兵庫県立考古博物館

24、姫路文学館

軍師 黒田官兵衛

黒田官兵衛

羽柴秀吉の天下統一事業を支えた名参謀。

姫路城主の嫡男として生を受けた黒田官兵衛は戦術で他を圧倒した部下を統率する非凡な才能の持ち主と言われています。

黒田家三代を含む歴代の姫路城主、48人のうち、唯一姫路城で生まれたのが黒田官兵衛。

「黒田家譜」によれば、官兵衛が誕生した日(1546年11月29日)は一面の雪景色であったと伝えられています。

「官兵衛」出家後の「如水」の号も有名。

また、キリシタン大名(洗礼名:シメオン)としても知られています。

生涯、妻一人、側室を持たなかったという官兵衛には子・黒田長政がいます。

黒田官兵衛

黒田官兵衛の辞世の句

おもひおく 言の葉なくて つゆにゆく みちはまよわじ なるにまかせて

(天下への夢が潰えても思い残すことはない。最後の行く道に迷いはなく、なるがままに任せて)

1604年京の伏見屋敷で病没。享年59歳。

官兵衛の人生哲学が宿る名言や格言は、多彩な顔を持つ天才軍師の魅力が見えるようです。
我、人に媚びず、富貴を望まず。
その時左手はなにをしていた?
主のために追腹を切るぐらいつまらぬことはない
自ら活動して他を動かすは水なり

黒田官兵衛甲冑

黒田官兵衛の甲冑は朱塗合子形兜(しゅぬりごうすなりかぶと) 黒糸威胴丸具足(くろいとおどしどうまるぐそく)

2014年NHK大河ドラマの主人公ということで名前が広く知られるようになった黒田官兵衛。

もちろん歴史好きの方には知らぬ人はいないというほどの人物ですが、大河ドラマ的には結構「通」な人物を扱っているという印象を受けました。

« Older Entries
Copyright(c) 2013 レンタサイクルで巡る姫路1日てんこもり観光! All Rights Reserved.